前へ
次へ

海外不動産投資ならばマレーシアがお勧めです

東南アジア諸国で海外不動産投資をするのであればマレーシアがお勧めです。
マレーシアの人口構成ですが、マレー系が70%を占めています。
それから中国系やインド系の移民が大変多いのも特徴です。
この国はムスリムの国ですので、飲酒はご法度です。
酒が大好きな人たちにとっては多少暮らしにくい面もありますが、それでも、マレーシアでビールを飲むことは簡単にできます。
一番大切なのは節度をもって適量を飲むということです。
酔っ払ってしまって我を忘れてしまうようでは、警察の厄介になるということになります。
東南アジア諸国で海外リアルエステートインベストメントをするのであればマレーシアが一番です。
それには理由があります。
まずマレーシアの不動産取引で作成される契約書ですが、必ず英語版がついています。
これは日本人にとってはとても有り難いことではないでしょうか。
英語だったらなんとか日本人でも理解できるからです。
こういうわけで、日本からたくさんのリアルエステート投資会社の人たちがやってきて、マレーシアでリアルエステートインベストメントをはじめています。
マレーシアでリアルエステートインベストメントをする場合に、地域としてはどこが適切なのでしょうか。
マレーシアの国土面積は日本の国土面積に匹敵します。
クアラルンプールは東南アジアの中心地として重要な拠点です。
そこで使われてる言語は、英語、中国語、マレー語、タミル語の4言語です。
英語はすでに公用語となってしまっています。
ですからリアルエステートインベストメントのようなビジネスを展開するのには最適な国であるということができます。
英語で取引ができるからに他なりません。

首都のこれらのクアラルンプール付近は既に開発し尽くされたという感じです。
これから日本人がマレーシアで不動産投資をするのでしたら、日本人が多く住んでいるペナンが最適です。
ペナンで日本人がリアルエステートインベストメントをする場合には、売却する相手も、当たり前ですが、日本人向けが多いです。
マレーシアでも、売却する相手が日本人ならば、安心して取引ができるのではないでしょうか。
マレーシアは物価が上昇傾向ですから、数年の間、寝かせておくだけの不動産投資で、莫大な利益を上げることもできます。

Page Top